Phil-nous

哲学に関する海外のニュースや哲学研究者にとって有益な情報をお届けします。

CfP: Synthese Topical Collection “Minds in Skilled Performance”

哲学のトップジャーナルのひとつである Synthese の Topical Collection “Minds in Skilled Performance” の共編者をウーロンゴン大学の宮原克典さんが務められています。

詳細はリンク先をご覧ください。

https://www.uow.edu.au/law-humanities-the-arts/schools-entities/liberal-arts/research/call-for-papers/?fbclid=IwAR3nLQ_rwsFe45n3vFzCTjhzFMK90JX9ihvWnxy1YvWvBi6BV4NrG5AjmTI

カルナップ全集刊行開始

待望のカルナップ全集第一巻、The Collected Works of Rudolf Carnap, Vol. 1 Early Writings (OUP) が8月にようやく出るようです*1

 

Rudolf Carnap- Early Writings: The Collected Works of Rudolf Carnap

Rudolf Carnap- Early Writings: The Collected Works of Rudolf Carnap

  • 作者: A. W. Carus,Michael Friedman,Wolfgang Kienzler,Alan Richardson,Sven Schlotter
  • 出版社/メーカー: Oxford Univ Pr
  • 発売日: 2019/08/13
  • メディア: ハードカバー
  • この商品を含むブログを見る

 

以下では、本巻の内容や関連書籍を紹介したいと思います。 

 

カルナップ全集第一巻は、新カント派からの影響が色濃く見られる、1928年よりも前の初期論文を収録。Scheinprobleme in der Philosophie(『哲学における疑似問題』)と Der Logische Aufbau der Welt(『世界の論理的構成』)がそれぞれ1928年なので、これらより前の論文ということになります。

独英対訳(!)で、本巻に収録されたテキストはすべてこれが初の英訳ということで、初期カルナップのテクストがようやく多くの人にアクセスしやすいものになります。

本巻の特徴として、編者による序論や注が大変充実していそうということが挙げられます。A. W. Carus と Michael Friedman による序論は、1920年代前半までのカルナップの思想の発展の概要を提供し、収録されているテキストの相互関係を解説。また、各テキストにも注・解説が付き、現代の読者には分かりにくいかもしれない哲学的・数学的・科学的・文化的背景を説明してくれるとのことです。なかでも、カルナップの博士論文 Der Raum に付された Friedman による解説は、Der Raum とほぼ同じ長さの詳細なものだそうです。また、David Malament による解説は、一般相対性理論の論理構造を単純化しようとするカルナップの1925年の取り組みの数学的・物理学的背景を、最近の物理学や物理学哲学における類似の取り組みと関連づけながら説明してくれるとのことです。

 

本巻についてより詳細に知りたいという方は、本巻の編者でもある A. W. Carus さんによる Carnap Blog の記事も参照してみてください。

awcarus.com

 

以下では、カントと新カント派の関係など、初期カルナップに関する関連書籍を紹介したいと思います。

 

Michael Friedman. 1999. Reconsidering Logical Positivism (CUP)

論理実証主義に対する新カント派の影響については、本書に収録されている一連の論文が最重要。哲学的にも歴史的にも大変面白いです。

 

Alan Richardson. 1998. Carnap's Construction of the World: The Aufbau and the Emergence of Logical Empiricism (CUP)

カルナップと新カント派の関係についてはこちらも。

Carnap's Construction of the World: The Aufbau and the Emergence of Logical Empiricism

Carnap's Construction of the World: The Aufbau and the Emergence of Logical Empiricism

 

Alberto Coffa. 1991. Semantic Tradition from Kant to Carnap (CUP)

本書はカントに始まりカルナップに至る伝統に光を当てた先駆的な仕事。この分野における今なお重要な著作です。

Semantic Tradition Kant to Carnap

Semantic Tradition Kant to Carnap

 

A. W. Carus. 2007. Carnap and 20th Century Thought: Explication as Enlightenment (CUP)

カルナップを「啓蒙主義」の伝統に位置づける画期的な試み。とくに草稿・日記・書簡など未公刊のテキストからの引用は貴重です。カルナップと新カント派の関係についても一章が割かれています。

Carnap and Twentieth-Century Thought: Explication as Enlightenment (English Edition)

Carnap and Twentieth-Century Thought: Explication as Enlightenment (English Edition)

 

Steve Awodey and Carsten Klein (eds.) 2004. Carnap Brought Home: The View from Jena (Open Court)

新カント派からカルナップへの影響関係は今では有名ですが、カルナップの意外なバックグラウンドとして、ディルタイからの(間接的な)影響もときどき指摘されます。この点については、Gottfried Gabriel による本書の序論が詳しいです。

Carnap Brought Home: The View from Jena (Publications of the Archive of Scientific Philosophy Series)

Carnap Brought Home: The View from Jena (Publications of the Archive of Scientific Philosophy Series)

 

近年、論理実証主義の政治的・社会的背景に対する関心も高まっていますが、これについてはまた機会があれば紹介したいと思います。 

*1:イギリスのAmazonではすでに発売されていることになっていますが、発送まで1-2ヶ月がかかるとのことです。 

Conference: David Lewis and His Place in the History of Analytic Philosophy(6月15日更新)

(6月15日:カンファレンスへのヴァーチャル参加に関する情報を更新しました。)

 

デイヴィッド・ルイス(1941–2001)をめぐるカンファレンス David Lewis and His Place in the History of Analytic Philosophy が来週(2019年7月17日–19日)、マンチェスター大学にて開催されます。

 

ウェブサイトによると、このカンファレンスは、 Arts & Humanities Research Council (AHRC) のグラント によるマンチェスター大学のプロジェクト The Age of Metaphysical Revolution: David Lewis and His Place in the History of Analytic Philosophy を締めくくるものです。このプロジェクトは、ルイスを歴史上の人物として初めて大規模に扱ったものであり、プロジェクトの成果として、モノグラフ1冊、遺稿集1冊、書簡集2巻が刊行予定。

 

なおこのカンファレンスにはバーチャル参加も無料で可能だそうです。このバーチャル参加の経験をできる限り良いものにし、インタラクティブにすることを目指しているとのことで、具体的には、配布資料へのアクセス、質疑応答時の質問の機会、休憩時間中のオンラインチャットルームへのアクセスなどが与えられるとのことです。詳細はカンファレンスの数日前に告知されるとのことです。 詳細はこちら

 

Keynote Speakersは下記のとおり。

  • Sara Bernstein
  • John Bigelow
  • Frank Jackson
  • Frederique Janssen-Lauret & Fraser MacBride
  • Angelika Kratzer
  • Daniel Nolan
  • Jonathan Schaffer
  • Wolfgang Schwarz

 

プログラム(案)はこちらで見ることができます。

  

 

以下ではルイスの著作を紹介します。

 

【翻訳】

ルイスの著作の邦訳としては次の二冊があります。 

反事実的条件法 (双書現代哲学 6)

反事実的条件法 (双書現代哲学 6)

 
世界の複数性について

世界の複数性について

  • 作者: デイヴィッド・ルイス,出口康夫,佐金武,小山虎,海田大輔,山口尚
  • 出版社/メーカー: 名古屋大学出版会
  • 発売日: 2016/08/22
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

次の論文集にもルイスの論文「たくさん、だけど、ほとんど一つ」、「普遍者の理論のための新しい仕事」の翻訳が収録されています。(この他にも論文「フィクションの真理」の翻訳が『現代思想』23-4 (1995)、「言表についての態度と自己についての態度」の翻訳が『現代思想』17-7 (1989)に掲載されています。) 

現代形而上学論文集 (双書現代哲学2)

現代形而上学論文集 (双書現代哲学2)

 

 

【日本語での解説】 

雑誌『フィルカル』において、野上志学さん(東京大学)によるルイスの哲学の解説が4回にわたって連載されました。 

フィルカル Vol. 2, No. 2 ―分析哲学と文化をつなぐ―

フィルカル Vol. 2, No. 2 ―分析哲学と文化をつなぐ―

  • 作者: 野上志学,シノハラユウキ,松本大輝,新野安,川瀬和也,長門裕介,飯塚純
  • 出版社/メーカー: 株式会社ミュー
  • 発売日: 2017/09/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 
フィルカル Vol. 3, No. 1 ―分析哲学と文化をつなぐ―

フィルカル Vol. 3, No. 1 ―分析哲学と文化をつなぐ―

  • 作者: 野上志学,岡本慎平,八重樫徹,長門裕介,岩切啓人,高田敦史,横地徳広,古田徹也,新野安,山田竹志,川瀬和也,萬屋博喜,小倉健太郎,飯塚純
  • 出版社/メーカー: 株式会社ミュー
  • 発売日: 2018/03/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 
フィルカル Vol. 3, No. 2 ―分析哲学と文化をつなぐ―

フィルカル Vol. 3, No. 2 ―分析哲学と文化をつなぐ―

  • 作者: 野上志学,渡辺一暁,長門裕介,高橋志行,吉川孝,谷川嘉浩,竹内未生,中井杏奈,青田麻未,しゅんぎくオカピ,八重樫徹,飯塚純
  • 出版社/メーカー: 株式会社ミュー
  • 発売日: 2018/09/30
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログ (4件) を見る
 
フィルカル Vol. 4, No. 1 ―分析哲学と文化をつなぐ―

フィルカル Vol. 4, No. 1 ―分析哲学と文化をつなぐ―

  • 作者: 一ノ瀬正樹,稲岡大志,石井雅巳,酒井泰斗,朱喜哲,長門裕介,横地徳広,山田圭一,野上志学,大畑浩志,銭清弘,三木那由他,佐藤邦政,ドナルド・ジャッド,河合大介,谷川嘉浩,萩原広道,しゅんぎくオカピ,源河亨,飯塚純
  • 出版社/メーカー: 株式会社ミュー
  • 発売日: 2019/03/31
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

【英語での単著】

Convention: A Philosophical Study

Convention: A Philosophical Study

 
Counterfactuals

Counterfactuals

 
On the Plurality of Worlds

On the Plurality of Worlds

 
Parts of Classes

Parts of Classes

 

 【論文集】

Philosophical Papers (Philosophical Papers (Oxford))

Philosophical Papers (Philosophical Papers (Oxford))

 
Philosophical Papers

Philosophical Papers

 
Papers in Philosophical Logic: Volume 1 (Cambridge Studies in Philosophy)

Papers in Philosophical Logic: Volume 1 (Cambridge Studies in Philosophy)

 
Papers in Metaphysics Epistemology (Cambridge Studies in Philosophy)

Papers in Metaphysics Epistemology (Cambridge Studies in Philosophy)

 
Papers in Ethics and Social Philosophy: Volume 3 (Cambridge Studies in Philosophy) (English Edition)

Papers in Ethics and Social Philosophy: Volume 3 (Cambridge Studies in Philosophy) (English Edition)

 

 

【ハンドブック】

A Companion to David Lewis (Blackwell Companions to Philosophy)

A Companion to David Lewis (Blackwell Companions to Philosophy)

 

 

Dan Zahavi教授、約2.4億円の研究費を獲得

現象学の研究で知られるDan Zahavi 教授(コペンハーゲン大学)が the Danish Carlsberg Foundation の Semper Ardens Grant を獲得。5年総額約2.4億円(14,575,940 DKK)の大型研究費とのことです。プロジェクトのタイトルは "Who are we?"。

 

プロジェクトの詳細は下記リンク先でご覧になれます。

www.carlsbergfondet.dk

 

3年前にはオスロ大学のHerman Cappelen教授が概念工学に関するプロジェクトで5年総額約4億円の大型研究費を獲得したことが話題になりました。こちらについては次の記事が詳しいです。

dailynous.com

Journal of Transcendental Philosophy 創刊

「超越論的伝統の中で仕事をする哲学者のためのフォーラム」として The Journal of Transcendental Philosophy (JTPH) が創刊されます。歴史的な研究も体系的な研究も歓迎で、主題も認識論、心の哲学、現象学、科学哲学、自然哲学、文化哲学、倫理学、政治哲学、メタ哲学など幅広く受け入れるとのことです。

 

雑誌は年3回発行。うち一回はゲストエディターによる特集。特集はすでに最初の3回分が次のように決定しているそうです。 

  • 2020: Transcendental Philosophy and the Challenge of Naturalism (edited by Andrea Staiti).
  • 2021: Cassirer’s Children: A Reassessment of His Influence (edited by Massimo Ferrari & Sebastian Luft).
  • 2022: Themes from the Philosophy of Robert Brandom (edited by Corinne Bloch-Mullins, Yoon Choi, and Sebastian Luft).

 

編集長は次の3人。

  • Sebastian Luft (Marquette University)
  • Konstantin Pollok (University of South Carolina)
  • Andrea Staiti (University of Parma) 

 

査読はダブルブラインド制。字数は5,000-10,000語。

 

詳細はリンク先をご覧ください。

https://www.degruyter.com/view/j/jtph

CFPs/CFAs: Philosophy Conferences in East Asia [June 18 Updated]

This is a list of CFPs/CFAs of philosophy conferences to be held in East Asian countries. The order is from newest to oldest. This post will be updated. If you have any information, please comment below or email me.

 

CFA: International Conference “Demystifying the Given” 

  • Submission deadline: July 1, 2019
  • Conference date(s):  October 19-20, 2019
  • China University of Political Science and Law, Beijing
  • Keynote Speakers: Michelle Montague, James O'Shea, David Woodruff Smith, Shigeru Taguchi
  • Invited Speakers: Duoyi Fei, Donghui Han, Hong Li, Karl Mertens, Antonio Nunziante, Galen Strawson, Michela Summa, Hao Tang, Refeng Tang

philosophy.cupl.edu.cn

 

 

CFP: The Fourth Taiwan Metaphysics Colloquium (TMC-IV) - A Workshop on Realism-Antirealism Debates (to be updated)

  • Submission deadline: September 30, 2019
  • Conference date(s):  January 8, 2020 - January 10, 2020
  • Department of Philosophy, National Taiwan University, Taipei, Taiwan 
  • Keynote speakers: Hartry Field (New York University), Daniel Stoljar (Australian National University).

  • Invited speakers: Ralf Bader (Merton College, Oxford), Simon Goldstein (Lingnan University, Hong Kong), Nate Charlow (University of Toronto), Mary Leng (University of York, UK), Gonzalo Rodriguez-Pereyra (Oriel College, Oxford), Paolo Santorio (UC San Diego).

philevents.org

 

The Thirteenth Biennial Congress of the International Society for the History of Philosophy of Science (HOPOS 2020)

  • Submission deadline: September 15, 2019
  • Conference date(s): June 23 - 26, 2020
  • Lingnan University, Hong Kong
  • A person need not be a member of HOPOS to submit a proposal for the congress program. However, speakers at the conference are required to register and to be (or to become) members.

hopos2020.hopos.org

 

CFA/CFP: 2nd Asian Philosophical Texts Conference

  • Submission deadline: July 15, 2019
  • Conference date(s): September 9, 2019 - September 10, 2019
  • Kanda University of International Studies, Chiba-shi, Japan

philevents.org

 

CFP: The First Joint Meeting of the Philosophy and Religion Society of Thailand, and the Philosophical Association of the Philippines

  • Submission deadline: May 31, 2019
  • Conference dates: July 26, 2019 - July 27, 2019
  • Conference Venue: The Philosophy and Religion Society of Thailand, Phyathai Road, Thailand

philevents.org

 

CFP: 1st Political Philosophy Workshop, Wuhan University

  • Submission deadline: May 15, 2019
  • Conference date(s): August 8, 2019 - August 10, 2019
  • Conference Venue: Wuhan, China

philevents.org

 

CFP: 6th Beijing Analytic Philosophy Conference

  • Submission deadline: May 1, 2019
  • Conference date: June 1, 2019
  • Conference Venue: Renmin University of China, Beijing, China
  • Keynote: Shaun Nichols (Arizona) “Agent-Regret and Accidental Agency”

philevents.org

 

CFA/CFP: International Conference on Humanities Therapy in Technosociety: Bridging between Science and Humanity

  • Submission deadline: May 15, 2019
  • Conference dates: August 18-20, 2019
  • Conference Venue: NanJing University, Nanjing, China

philevents.org

 

CFA: Political Philosophy and the Future of Capitalism

  • Submission deadline: March 15, 2019
  • Conference dates: June 15-17, 2019
  • Conference Venue: Waseda Institute of Political Economy (WINPEC) and Waseda Political Thought Seminar, Waseda University, Tokyo, Japan

philevents.org

 

CFA: First International Conference, International Society of East Asian Philosophy

  • Submission deadline: April 30, 2019
  • Conference dates: December 14-15, 2019
  • Conference Venue: Surugadai Campus, Meiji University, Tokyo, Japan

iseap.wp.xdomain.jp

 

CFP: Summer School in Neo-Kantian Philosophy

  • Submission deadline: March 15, 2019
  • Conference dates: June 3, 2019 - June 6, 2019
  • Conference Venue: Department of Philosophy, Chinese University of Hong Kong, Shatin, Hong Kong

philevents.org

 

CFA: Second International Conference on Philosophy and Meaning in Life

  • Submission deadline: March 15, 2019
  • Conference dates: October 7, 2019 - October 9, 2019
  • Conference Venue: Waseda University Shinjuku-ku, Totsuka-cho, Japan

philevents.org

 

CFP/CFA: Wuhan Kant Conference

  • Submission deadline: March 13, 2019
  • Conference dates: June 4, 2019 - June 5, 2019
  • Conference Venue: Department of Philosophy, Wuhan University, Wuhan, China

philevents.org

 

CFA: Wuhan University International Conference on Explanation in Philosophy

  • Submission deadline: February 15, 2019
  • Conference dates: May 24, 2019 - May 26, 2019
  • Conference Venue: School of Philosophy, Wuhan University, Wuhan, China

philevents.org

 

CFP: The Future of Whole Person Education in East Asian Higher Education: Its Philosophy and Endeavour from Within and Abroad

  • Submission deadline: February 11, 2019
  • Conference dates: September 27, 2019 - September 28, 2019
  • Conference Venue: Department of Religion and Philosophy, Faculty of Arts, Hong Kong Baptist University,  Hong Kong, Hong Kong

philevents.org

 

 

International Society of East Asian Philosophy(国際東アジア哲学会)設立

東アジア哲学に関するグローバルな知的交流を促進する非営利の学術コンソーシアムとして、International Society of East Asian Philosophy(国際東アジア哲学会)が設立されたようです。

iseap.wp.xdomain.jp

 

ホームページには以下の4つがミッションとして掲げられています。

  1. To examine the reception of and confrontation with Western philosophy in East Asia
  2. To promote philosophical dialogue inside and outside East Asian
  3. To unveil the philosophical potential in East Asia
  4. To foster global philosophical exchanges and collaborations of East Asian philosophy

 

また活動としては以下の3つが掲げられています。定期的にカンファレンスを開催されるほか、Springerからジャーナルも出されるようです。

  1. To organize regular international conferences, organized panels, public lectures and events on East Asian philosophy globally
  2. To compile and publish research outputs on East Asian philosophy, including the first international peer-reviewed journal on East Asian philosophy, The Journal of East Asian Philosophy (Springer), books and so on
  3. To strengthen the international network and foster collaborations on East Asian philosophy

 

第一回国際会議は2019年12月14-15日に明治大学駿河台キャンパスにて開催されるようです。募集〆切は2019年4月30日。250語の要旨で応募できるようです。

募集要項の詳細は下記リンク先で確認できます。iseap.wp.xdomain.jp